• トップ

日本の水道水の安全性の高さ

国外の飲水はどんなものか

LINEで送る

国外で飲水を確保するには

日本国内では、水道水を飲水として飲むことが出来ますが、国外では飲料水は購入する必要があります。国外の水道水は、日本ほどきちんと浄化されておらず、菌が多いためお腹を壊したりする危険性が高いのです。そのため、歯磨きなどで吐き出すような水は水道水で対応できても、飲水としては不適切です。高級ホテルなどに宿泊する場合は、歯磨き用の水としてミネラルウォーターが洗面台に用意されている所もあります。飲料水は、生活していく上で必ず必要なものですから、日本のように水道水でお米が炊けるということは、とても素晴らしいことなのです。そのため国外では、飲料水のウォーターサーバーが置いてある家庭や、お店が多くあります。いかに日本の下水施設が充実しているか、旅行に出掛けるとよく分かります。しかし、たとえ水道水が飲水として飲める国であっても、水質は日本と異なるため、摂取するのは控えた方が無難です。せっかく旅行に出掛けるのですから、体調を壊さずに旅行を楽しむためには、細心の注意を払った方が良いでしょう。物価の安い国であれば、購入してもそんなに高くありませんので、対策してください。このことから分かるように日本の水道水は安全だということは誇りに思って良いでしょう。

 

新着情報

↑PAGE TOP